最新のお知らせ

注目

育み身につけるべきものは?

キズカンでは社会的なこと、政治的なこと、経済的なこと、さまざまなテーマを扱っています。

ロシアのウクライナ侵攻に関するテーマも何回か取り上げました。

しかし、世界各国の動きや報道を見聞きしていると、すべては”個々の事情”で動いているのだということが誰の目から見ても明らかになってきている気がします。

もちろん子供たちもそんなことはハッキリ感じ取っていることでしょう。

となると・・・

育み身につけるべきは客観的に認知できる物事の正誤ではなく、自分なりにその物事の裏側・根本を考え、自分なりに理解した上で、自分の意見を持ち、自分の立ち位置を決める力でしょう。

「正しい答えがある問題や期待されている答えのある課題に対して、決められた時間で、他者よりも高いレベルでその答えに近づける力」は”こども自身”の価値観に応じて日常の勉強で身に付きます。

差がつくのはそこから先です!!!

これなぁに?

このラベンダーオイル、皆でフランス研修に行った際に、南仏の山中に広がるブルーダルジャン農園で買って来たもの。ものすごい山奥なので行くのが大変でしたが、農園やラベンダーオイル精製工場を丁寧に説明してくれました。また行きたいなぁ・・・

昨日、Sくんに聞かれました。

「これね、こんな(この瓶のような)色のラベンダーのオイル。いい香りで気持ちが落ち付くんだって」

ふむふむと黙って聞いていたSくんに

「ラベンダーって知ってる?」

「うん」

Sくんは生きものとか自然のものをよーーーく知っているんです。先日くれたたけのこの天ぷらも「3種類入ってる。美味しいのと普通のとあんまり美味しくないの」の説明してくれました。

私が食べたら全部美味しかったので、きっとSくんの味覚が研ぎ澄まされているのでしょうね^^

夏の準備、着々

ここ数年、海外渡航が難しい状況でしたがそろそろということでサマーキャンプ参加を決めて着々と準備を進めています。今回は航空券手配がちょっと大変でした。

しゅうびではせっかくの貴重な機会、

「最大の成果を得るためにエージェントや誰かに任せるのではなく、学校や航空会社と直接やりとりするなどできる 限り自分でやりましょう!」

と皆に言っています。日本と現地最寄空港との往復(直行便はないので主要空港で乗り継ぎ必要)もUMサービスを付けてひとり旅、超ドキドキ&途中で涙が出ちゃうこともあると思いますが貴重な体験ができます。

*しゅうびはいろいろ相談に乗ったり、どうしても助けが必要な時だけ手を差し伸べます^^

いい感じの学年末♪

学年末試験の結果が返ってきたTちゃん、9科目で平均89.66666・・・・点

「おい、あと3点どっかにないか?」

あと3点で平均90という好結果!そんなTちゃん、暇を持て余すであろう春休みにはいくつかのイベントに参加すべく申し込みを済ませています。

例えば「進化する国際平和活動」「はるかなる銀河と宇宙の謎

おそらく内容を100%理解することはできないと思いますが、日常的にこういったことを耳にしたり、こういった「場」に身を置くことは知らず知らずのうちに血となり肉となります。どんどん参加しましょう! ★会員ページのカレンダーにも書き込んでお知らせするようにしました

家庭でDP?!

どんな教育を受けるかで人生は大きく変わる。

とはいえ・・・

どっちがいい、どれがいい、どの学校がいい、ではなく、あくまでも”その子に合っているか”が最も大切です。

国際バカロレアについてはこちら

家庭でこのDPを意識したら、日常生活がDPに?! これ、とっても良いと思います。

zoom/リアル再開ほか

緊急事態宣言全面解除に伴い、10月4日の週よりzoom /リアルを自由に選択してOKを再開しました。この度の再開に伴い、zoomは1日1回自分の好きなタイミングで入室、集中力が続く限り自由に勉強できるようにしました。17:30から21:50まで最大4時間20分勉強することが可能です。
★注:集中力が切れたと判断されたら強制退室となります

元々しゅうびの情報リテラシーという時間をキッズカンファレンス(略してキズカン)として独立させて2年半ほど。この間、期せずしてCOVID-19パンデミックによる学習の全面オンライン化を経験しました。結果、オンライン学習が当たり前の状態になった時にうまく対応できるか否かは、心が整い、心が育っているかが大きく影響することが確認できました。そこでキズカンはしゅうびに統合することにしました。

しゅうびオリジナルiPad立て

皆がよく使っているiPad。通常のiPadケースというかカバーの多くは角度が寝過ぎていてzoomをやる際に皆の手元が映しにくいようです。

「ねぇ、もうちょっと立てられないかな?○○ちゃんを見るのもいいけど、手元が見たいんだよね。もしかして勉強しているふりをして、漫画描いて遊んでるかもしれないじゃん。。。なぁんちゃって」

「これ以上立たないんですよぉ」

iPadのセッティングに四苦八苦、時間を費やしてしまうことが多かったので作っちゃいました。

セッティングは超簡単!!

とっても使い易いんです!

全国テスト終了

緊急事態宣言下の夏休み最後の日曜日、受験者・監督の先生はもとより保護者の方々にも最大限ご協力頂き、実施することができました。

当日の全体の流れは予めLINEおよび会員ページにて連絡&告知。入室完了時刻と同時に玄関を開錠するのですが、まずは開錠までの間、遅刻しないように少し早めに集まった受験者同士で会話はしないのがお約束。ガラス越しで入室後の流れを説明した後、開錠〜手指消毒〜検温して指定の部屋の指定の席に着席(1室1名)。できる限り立ち歩かず、必要な場合は全て筆談&開始と終了はチーンのベル。休み時間も自席で黙って待つ。テスト終了、模範解答と類題冊子を受け取り、速やかに退室・帰宅。終了後の教室は高濃度オゾンを充満させて消毒した後に換気。

お盆明けからしゅうびは全面zoomになっています。もう元のようなお気楽な日常に戻ることはないという前提で、どうしても皆が集まらなければならない場合は「その場にいる全員が一言も発することなくやるべきことをやって、速やかに解散し、都度、消毒&換気を徹底」していきます。

実用的なもの

どんなことが/どんなものができるのかソフトウェアを自由にいじって試行錯誤している3Dモデリング。予め用意されている基本的な形やパーツを組み合わせて人形やオブジェを作っていました。そこで「なにか実用的なものを作ってみようよ」と提案したところ、Sくん(小4)は鉛筆立てを作りました!

結局、印刷時間は12時間超!