コンテンツへスキップ

卒業生の声

「しゅうびとは?」と卒業生に聞いてみました。皆、超多忙な中、極めて迅速に対応してくれて感謝感謝です! どうもありがとう!!

Y先輩より
Y先輩の声
高校生からしゅうびのメンバーになりましたが、水が合ったというかウマが合ったというか、あっという間に古株の風格です^^
Ryu先輩の声
今時アメリカの学生さんに直筆依頼もなんだなぁと思っていたところ、懐かしい字が届きました!
M先輩の声
小学生からしゅうびのメンバー。いつもしゅうびを気にかけていてくれています。
R先輩の声
運動会が終わって冬になってもおでこにくっきりハチマキの女の子でした^^

K先輩とS先輩からはインタビュー形式で話を聞きました。文字通り「先輩の声」をお届けします!

小中高と大好きなバスケットボールと勉強を高いレベルで両立し、見事、国立大学医学部に現役合格を果たした医師3年目のK先輩に聞きました。
Q:しゅうびでの学びを振り返って
A:まずは小学校の時に難しいテキストを自分で解くという・・・
Q:「勉強は教えないぞ」と言ってたへんな塾だったけど?
A:小学校の時にはなんでこれを聞いているのにこれを教えて・・・
Q:高校までの学びと医学部での学びの違いって?
A:なんだろ、算数数学国語にしても何かこう問題がって・・・

ずっとサッカーを続けてきて小中高とかなり忙しい生活をしていましたが、旧帝大経済学部に現役合格、1年少々の勉強で大学3年の時に公認会計士試験に合格したK先輩に 聞きました。
Q:しゅうびでの学びを振り返って
A:そうですね、やっぱ秀美塾で成長っていうのかわからないですけど・・・
Q:その学びの経験は短期合格を果たした公認会計士試験の勉強にいかに役立ったか?
A:先ほど自主性がどうのこうのという話をしたんですけど・・・